カラコンの表・裏

カラコンにしても、普通のコンタクトにしても、裏表があるということはご存知でしょうか。知ってはいても、コンタクトを付ける際に、表と裏を気にしながら付けないと言う方もいらっしゃることでしょう。当然のことですが、裏表はしっかりとしておかなければ、目に貼りつけた時にうまくはまらず、ゴロゴロとしてしまう原因になってしまいます。ですので、カラコンを目に装着する前にはしっかりと表と裏を確認してからにしましょう。

カラコンの表と裏を見極める方法ですが、とても簡単です。まず、コンタクトを取り出した際に、指の上に載せた時、なめらかなお椀型になるようであれば、指がついている部分が表ということになります。コンタクトレンズの縁が反っている場合は、表裏が逆の状態になりますのでそのまま付けないようにしましょう。

しかし、その状態でも目に付けること自体は不可能ではないために、意外と間違えて装着してしまうことは良くあるのです。コンタクト自体小さいので、表裏を判別するのが難しいと感じてしまうことがありますので、目に装着する前にしっかりと確認するように心掛けましょう。そうすれば、コンタクトがゴロゴロするのを防げるようになります。